TOP > 学校長挨拶

学校長挨拶

戸田中央看護専門学校 学校長 中村 毅

戸田中央看護専門学校は昭和52年4月看護専門職の養成機関として設立されました。設置主体である医療法人戸田中央総合病院グループは“病める人に対する良き奉仕者”の精神のもとに、“高度な医療で愛し愛される病院”を経営理念として、当埼玉県をはじめ、首都圏において総合病院や介護老人保健施設などさまざまな医療保健機能を有する多数の施設を運営し、地域住民の医療と福祉に貢献しています。それぞれの施設は実習病院として、また卒業生の受け入れ先として、本校と緊密な連携を保ち、本校の発展の強力な後ろ盾になっています。
グループの各病院においては、質も高い看護を提供する看護体制を整備し、平成11年には本校の主たる実習病院である戸田中央総合病院が、続いてグループ傘下の病院が日本医療機能評価機構による優良施設として認定を受けており、医療の質とサービスの向上に努めているところであります。創設以来の本校卒業生はこれまでに3,502名となりました。(2020年3月現在)その大部分は戸田中央総合病院などグループ傘下の医療機関を就職先として、本校における看護教育の成果を如何なく発揮し、地域住民の医療ニーズに応えるべく活躍しています。

戸田中央看護専門学校 副学校長 多田 真理子

本校は、全国の看護師養成所の中でも1学年120名と規模の大きな学校です。戸田中央医科グループのもと、地域医療に貢献できる看護師の育成に日々尽力しております。
 本校には、3つの強みがあります。1つ目は、教育理念である『礼』『智』『技』を基盤に、講義は少人数クラス制を、また実習では学生4人に教員1名がつき、一人ひとりに目が行き届く指導を心掛けております。2つ目は恵まれた環境です。専門領域に合わせた豊富な実習室や、図書室・学習室といった充実した学習環境。3つ目は資格取得に向けての手厚いサポート体制です。入学と同時に3年後の国家試験を意識した学習面・精神面でのサポートを行っており、高い合格率に繋がっていると自負しております。
 この3つの強みを活かした環境の中、互いに感性を磨き共感することで、人間力あふれる、あなたの目指す看護師になれるよう教職員一同応援してまいります。

pagetop