TOP > 卒業の認定に関する方針

卒業の認定に関する方針

本校のディプロマ・ポリシーは以下の通り

①対象に対して思いやりをもって大切に関われる姿勢
②看護への探究心と洞察力を高め自ら学び、自己の課題を解決する能力
③対象を生活者としてとらえ、健康の維持増進と健康の回復、安寧な死を迎える看護を実践するための基礎的能力
④医療・保健・福祉制度のシステムを理解し活用できる能力
⑤看護実践における倫理行動がとれる姿勢
⑥リーダーシップ・メンバーシップを発揮し自律した行動

学校長は、上記のディプロマ・ポリシーにおいて定める姿勢・能力を身につけ、所定の修業年限を在学し、出席日数が出席すべき日数の3分の2以上で、基礎分野、専門分野、専門分野Ⅰ、専門分野Ⅱ、統合分野に関する知識・技術並びに看護実践における倫理観を身につけ、所定の単位を修得した学生に対して卒業を認める。