TOP > 図書館のご案内

図書館のご案内

図書利用について

  1. 図書室は、本校の所蔵する図書及び資料の総てを取り扱う。
  2. 図書の管理は司書が行う。
  3. 図書室の開室時間は、8:30~19:00までとする。(長期休暇中は短縮)
  4. 休室日は土曜日、日曜日、祝日及び蔵書点検日。ただし、学校長が認めた場合は、土曜日も開室する。
  5. 図書・資料を利用できる者は、次の通りとする
    • 本校の学生及び教職員
    • 学校長が特に認めた者
  6. 閲覧
    図書・資料の閲覧は、原則として閲覧室で行うこととし、閲覧室に配列された図書は自由に閲覧できる。
  7. 貸出及び返却
    • 開室時間内であれば、随時、貸出・返却の手続きをすることができる。
    • 貸出冊数及び期間は3冊以内3週間までとする。ただし、長期休暇中は貸出期間を変更することができる。詳細については、その都度掲示等で通知する。
  8. 図書資料はすべて丁寧に取り扱い、利用者が紛失または甚だしく汚損、もしくは棄損した場合は、同一図書資料またはそれに相応する金額を弁償させることがある。
  9. 禁帯出図書
    次の図書は閲覧・複写のみで貸出はしない。
    • 辞書、辞典
    • 「禁帯出」「参考書」ラベルのついたもの
    • 雑誌
    • 新着図書
    • 未整理のもの
  10. ビデオ及びDVDの貸し出し
    貸し出しを希望する者は、次の通りの手続きをする。
    • 利用は当日のみとし、校内で視聴し、貸し出し当日の開室時間内に返却すること。
    • ビデオは校内での利用に限り、学校外への持ち出しは禁ずる。
  11. 委員
    • 学生はクラスにより図書委員を数名選出し、図書委員会をもうける。
    • 以下のことに関して司書を補佐する。
      ①棚の整理整頓
      ②図書室掃除(学期末)
      ③その他 希望図書調査等
  12. 検索
    当図書室で所蔵している図書・雑誌は、利用者用端末で検索することができる。
  13. 督促
    返却期限を過ぎても返却しない場合は、掲示板にと督促する(返却期日の翌日より)。
    蔵書点検日あるいは年度末までに返却されない場合は、紛失とみなす。
  14. その他
    • 手荷物は、持ち込みを禁止する。
    • 筆記用具やプリント類等の学習に必要なものを持ち込みたい場合は、入退室時にカウンターに申し出て提示し、確認を受ける。
    • 携帯電話は図書室内で使用しない。
    • 飲食は禁止する。
    • 図書室でのグループワークは禁止とする。
    • 個人で書籍を購入したい場合は、「書籍購入申込書」に記入し、事務室で申し込む。
pagetop