TOP > 本校設置の趣旨

本校設置の趣旨

本校は、昭和52年4月に看護専門職の養成機関として設立され、学校教育法及び保健師助産師看護師法に基づいて、看護の基礎教育を行うとともに、専門職業人として豊かな人間性を養い、地域社会に貢献できる人材を育成することを目的としています。
設置主体となっている、医療法人戸田中央総合病院グループは“病める人に対する良き奉仕者”の精神のもと“高度な医療で愛し愛される病院”を経営理念としています。当グループは、埼玉県をはじめ首都圏の各地において、総合病院や老人保健施設などさまざまな医療保健機能を有し、各地域の中核となって、地域住民の医療と福祉に貢献しています。それぞれの施設は、本校の実習病院として、また卒業生の送り先として連携し、本校の教育発展のための強力な後ろ盾となっています。
創設以来の卒業生は、平成29年3月までに3,165人となり、多くの卒業生は戸田中央総合病院などグループ傘下の医療機関に就職し、地域住民の医療ニーズに応えるべく活躍しています。

pagetop